ブログ運営

WordPressのプラグインを10個に厳選【絶対に入れるべき】

WordPressをインストールしたら、プラグインを整えていきましょう。

プラグインを使うとサイトをカスタマイズできます。

しかし、プラグインを入れすぎるとブログが重くなりますので気をつけましょう!!

これから紹介する10個のプラグインだけで十分です。

WordPressに入れておく10個のプラグイン

⑴AddQuicktag

⑵Akismet Anti-Span

⑶All In One SEO Pack

⑷Broken Link Checker

⑸Classic Editar

⑹Google XML sitemaps

⑺PuSHPress

⑻Table of Content Plus

⑼WordPress Ping Optimizer

⑽WP Multibyte Patch

⑴AddQuicktag

これはぶっちゃけなくてもいいです。

でも入れておくと便利です。タグ打ち便利にしてくれるプラグインです。

公式リファレンスを参考にしてください。

AddQuicktagリファレンスサイト

Akismet Anti-Span

悪意あるコメントに対して対策するプラグインです。

プラグインして有効化しておくだけです。


Akismet Anti-Spam公式リファレンス

⑶All In One SEO Pack

SEOを最適化するためのプラグインです。

サイトのタイトルや説明を入れてくとOKです。

All in One SEO Pack公式レファレンス

⑷Broken Link Checker

有効じゃないリンクを知らせてくれるプラグインです。

リンク切れはSEO的によくないので、知らせてくれるのは便利です。

Broken Link Checker公式リファレンス

⑸Classic Editar

WordPressのバージョンを下げるプラグインです。

バージョンを下げる理由は、「新バージョンは使いにくい」こと「旧バージョンでの説明がサイトには多い」からです。

Classic Editor公式レファレンス

⑹Google XML sitemaps

Google、Bing、Yahoo、Ask.comなどの検索エンジンに自分のサイトを知らせるプラグインです。

これは絶対に入れてね。

Google XMLサイトマップ公式リファレンス

⑺PuSHPress

PuSHをサポートしてくれるプラグインです。

難しいので、とりあえず入れておくと良いです。

PuSHPress公式リファレンス

⑻Table of Content Plus

目次を自動で作ってくれるプラグインです。

これもあったほうがユーザーにとって親切です。

⑼WordPress Ping Optimizer

SEO最適化プラグインです。

現在は有効化すると、サイト上部にエラーが出るのでとりあえずインストールしておきましょう。

アップデートがあったら「有効化」してください。

WordPress Pingオプティマイザー公式レファレンス

⑽WP Multibyte Patch

WordPress を日本語環境で正しく動作させるために必要となる機能です。

とりあえず入れておきて「有効化」しましょう。

WP Multibyte Patch公式リファレンス

まとめ

いろんなプラグインがありますが、上記10個で大丈夫です。

僕も10個でやっています。

プラグインは便利ですが、入れすぎないようにしましょう!!

 

ABOUT ME
じゅんや
『プログラミング』と『ブログ』でのんび〜り生きてます。【〝苦しむ人にささやかな幸せを与えたい〟】をコンセプトに佐賀県で活動するフリーランス\22歳で市役所合格→退職→#いなフリ都留三期→Webエンジニア/〝Web情報、公務員関係、佐賀県の情報などを中心に発信しています〟