プログラミング

プログラミングの勉強手順を細かく解説!!【基礎から応用までのやり方】

プログラミングの勉強をどうしたら効率的に学べるか悩んでいませんか?

この記事で色々と試してみた結果わかった「プログラミングの勉強手順」を教えます。

この記事通り進めていけば、無駄な出費を抑えて学習に専念できます。

また良質な学習教材も紹介していきます。

プログラミングは思考作画が必要ですが、僕が試行錯誤して編み出した勉強法で学習を進めてみてください。

*記事の信頼性

公務員➡︎エンジニアに転身しました。

フリーランスエンジニアとしても活動しています。

僕もプログラミング学習で苦しんだ経験があります。

プログラミング学習手順を解説(初心者必見)

プログラミング学習は長期的に学ぶ必要があります。

これから解説する勉強手順も長期的学習になりますが、参考にして自分なりの学習手順を作ることが大切です。

①学びたい言語/作りたいサービスを決める

まずは「学びたい言語/作りたいサービス」を決めてください。

プログラミング言語は数が多いです。だから1つに決めないとあれもこれも手を出して破滅します。

1つ1つ身につけて段階を踏むことが大切です。

「作りたいサービス」がある人は、それに必要な言語を学んでください。

ぶっちゃけ「作りたいサービス」がなくてもいいです。

普通は最初からこれが作りたいなんて見つからないです。ただ学びたい気持ちだけで十分です。

なので、「学びたい言語」を決める方が現実的だと思います。

(例)

ブログをWordPressで運営してる➡︎ブログをいじりたい➡︎WordPressで使えるPHPを学ぶ

上記の感じで全然OKです。

まずは「学びたい言語/作りたいサービス」を決めましょう。

必要な学びを洗い出す

次に大切なことが、「必要な学びを洗い出す」です。

(例)

「PHP」を学ぶにしても、「フレームワーク」、「MySQL」や「GIT/GitHub」も学ぶ必要があります。

ただ言語を学ぶだけでは、実践に即した力は養えません。

学びたい言語を選んだら、その他に必要な学びが必ずあります。

全てを完璧に洗い出せなくてもOKです。

調べてわかる範囲で「必要な学び」を見つけましょう。

③「プロゲート」や「ドットインストール」で基礎を学ぶ

次は「プロゲート」や「ドットインストール」で基礎力をつけましょう。

ぶっちゃけ基礎はスクールに通うよりも、「プロゲート」や「ドットインストール」で学んだ方がお得です。

「プロゲート」や「ドットインストール」は月980円程度なので、自己投資しましょう。

ついでに「必要な学びを洗い出す」でわかった、その他のスキルも一緒に学べたらしましょう。

スクールで「20万以上」払うより「980円」で「プロゲート」や「ドットインストール」をしましょう。

【学習のポイント】

学習では、1つ1つのコードを自分の言葉で説明することが大切です。

常に誰かに教えている感覚で学習を進めてみてください。

④「paiza」で力試しをする

「paiza」は基礎を学ぶこともできますが、「力試し」ができます。

これは「毎日1問」していくことをオススメします。

文章を読んで「理解する力」や「ロジック」が鍛えられます。

問題や頭の中の考えを形にするトレーニングです。

「プロゲート」や「ドットインストール」は授業を受ける感じです。

「paiza」は小テストだと思ってもらえるとわかりやすいと思います。

「paiza」で今まで学んだ基礎を使って、問題を形にするトレーニングをしましょう。

難しめの本で深く学ぶ(2〜3周)

僕的に本でさらに深いとこまで学ぶことをオススメします。

今後いろんな学びをしていく中で、本で学ぶは避けて通れないとこだと思います。

エンジニアとして就職しても、学びは続きます。

今のうちに「分厚い本」に対してに免疫力をつけておきましょう。

これがないと今後の学習で辛いです。

2〜3周できたらいいですが、飽きたら他の本をしても良いです。

本当向き合う力は、本当に大切だと思うので、ここは我慢してやってください。

【本を選ぶポイント】

⑴何冊も一気に買わないこと(たくさん買ってもお金が無駄になります)

⑵自分の目で確かめて本を購入しましょう。

➡︎本に対する愛着と自分に合う本を選ぶことも学びの1つです。

⑥スクールに通う

最終的にはスクールに通うことがオススメです。

プロに学んで、さらにスキルアップすることが大切です。

今までの基礎学習でわからなかったことは「スクール」で聞きましょう。

【注意点】

「プロゲート」や「ドットインストール」の基礎学習をおろそかにして「スクール」に通うとほんとにきついです。

「スクール」を有効活用したかったら、「プロゲート」や「ドットインストール」で基礎学習を絶対しましょう。

基礎は自分でつけることができるので、無駄な出費は抑えましょう。

オススメのスクールは下記です。

自分で動くものを作る

ここまで行けば、就職やフリーランスとして活躍できますし、自走できます。

あとは自分のオリジナルを作っていきましょう。

オリジナルが思い浮かばなくても、サイトの模写はできると思います。

今までの学びを最大限活かして、サイトを作ってみましょう。

TechAcadenyの感想を紹介(実際に通ってみた)

僕が実際に体験したプログラミングスクール「TechAcademy」の感想を書いています。

他にもスクールはありますが、「都市部在住」「地方在住」に関わらず受講できる良いスクールです。

よければ今後スクール選びに役立ててください。

下記に記事を貼っています。

まとめ

今回はプログラミング学習手順についてまとめてみました。

①学びたい言語/作りたいサービスを決める

②必要な学びを洗い出す

プロゲートやドットインストールで基礎を学ぶ

④paizaで力試しをする

⑤難しめの本で深く学ぶ(2〜3周)

スクールに通う

⑦自分で動くものを作って見る

長いなと感じる方もいると思います。

プロゲートやドットインストールはどちらか1つに絞っても構いません。

この記事を参考にして、自分なりの学習手順を作ってもらえると幸いです。

また学習では、1つ1つのコードを自分の言葉で説明することが大切です。

常に誰かに教えている感覚で学習を進めてみてください。

 

 

ABOUT ME
じゅんや
『プログラミング』と『ブログ』でのんび〜り生きてます。【〝苦しむ人にささやかな幸せを与えたい〟】をコンセプトに佐賀県で活動するフリーランス\22歳で市役所合格→退職→#いなフリ都留三期→Webエンジニア/〝Web情報、公務員関係、佐賀県の情報などを中心に発信しています〟